第5回 桃花の会


このたび高島屋では、第5回「桃花(とうか)の会」を開催いたします。
「桃花」と命名された本展は、桃源郷の故事より象徴される理想郷を創作の志とし、現代日本洋画壇において評価の高い作家の方々により、2004年に発足いたしました。
その後隔年で開催し、今回で最終回を迎えます。
それぞれの絵画思考を背景に異なる表現をしながらも、油彩画の色彩と輝きが織りなす美の調和を共通に希求する8人の作家による作品は、開催毎に観客を魅了し続け、油彩画の魅力と可能性をあらためて認識させてくれました。
今回も各作家、大作から小品までを一堂に展観いたします。
また、昨年惜しくもご逝去された中村清治先生の作品も特別に展示いたします。
何卒、ご高覧賜りますようご案内申しあげます。

高島屋美術部

[出品作家]
青木 敏郎  酒井 信義  坂口 紀良  高梨 芳実
中村 清治  中山 忠彦  深澤 孝哉  松田 環
(50音順・敬称略)